糖尿病は気づかないうちに血管を傷つけます。
WebサイトはこちらからFacebookもチェック

知らず知らずのうちに血管を傷つけている糖尿病に対しては
将来のリスクを見据えた治療を行うことが重要です。
糖尿病のリスクと治療法について、このサイトで学んでいきましょう。

脳梗塞 心筋梗塞

糖尿病と血管の関係

「自覚症状もないし、普通に生活できているから大丈夫」と思っていても、
糖尿病患者さんの血管は糖尿病によって今も傷み続けています。

血糖値が高い状態が続いていると、血管が傷ついていきます
  • 太い血管が傷つくと…

    太い血管

    傷ついたところにコレステロールなどがたまり
    「プラーク」ができ、プラークが破裂すると・・

    脳梗塞 心筋梗塞

    脳梗塞や心筋梗塞などが起こる可能性が高まります。

  • 細い血管が傷つくと…

    目膜障症 腎障害

    網膜症や腎障害、神経障害などが
    起こる可能性が高まります。

それぞれの合併症の怖さを知っておきましょう。

脳梗塞 心筋梗塞

糖尿病の合併症って?

糖尿病による動脈硬化が進むと脳や心臓の血管が狭くなっていきます。そこが血のかたまり
(血栓)などでふさがれると、その先にある細胞が壊死してしまうかもしれません。

プラークが破裂し、
血のかたまり(血栓)が
血管をふさいでしまいます

  • 心臓の血管が傷ついて詰まると

    心臓の血管が傷ついて詰まると

    心筋梗塞

    もっと詳しく知りたいなら
  • の血管が傷ついて詰まると

    脳の血管が傷ついて詰まると

    脳梗塞

    もっと詳しく知りたいなら

腎障害

糖尿病による高血糖の状態が続くと、
腎臓はダメージを受け、ろ過機能が落ちてしまうことがあります。

  • 正常な腎臓

    正常な腎臓

    血液中の不要な物を尿のなかに排泄し、必要なものは再吸収して血液中の物質のバランスを維持しています(ろ過機能)

  • 糖尿病によって
    腎障害が進むと

  • 機能が低下した腎臓

    機能が低下した腎臓

    ろ過機能がどんどん落ちて腎不全になってしまうと、機能を補うために透析治療が必要になる場合があります

もっと詳しく知りたいなら

目網膜症

糖尿病による高血糖によって眼の網膜にある毛細血管が傷つけられると、
出血や網膜剥離によって視覚障害が進行してしまうことがあります。

  • 正常な眼底

    正常な眼底
  • 網膜症を起こした眼底

    網膜症を起こした眼底網膜が剥離している出血
もっと詳しく知りたいなら

どうなる

糖尿病のリスクを数字で知ろう

「自分は大丈夫」と思っていませんか?
糖尿病と合併症は密接な関係にあり、治療をおろそかにすると誰にでも起こる可能性があるのです。

  • 脳梗塞 心筋梗塞

    1.8倍(男性)・2.5倍(女性)?

    糖尿病患者の脳・心臓などの循環器疾患による死亡率を調査したところ、糖尿病でない人の1.8倍(男性)、2.5倍(女性)であったことが報告されています。

    詳しく見る
  • 脳梗塞 心筋梗塞

    57%?

    糖尿病網膜症は糖尿病にかかって15~19年の患者さんで57%に合併することが報告されました。

    詳しく見る
    脳梗塞 心筋梗塞

    42%?

    糖尿病による腎障害は、糖尿病患者の42%に合併しています。

    詳しく見る

糖尿病治療では、これらの合併症を予防し、健康な人と同じような生活ができることをめざします。
治療法は日々進化しており、最近ではこれらの合併症リスクの減少につながることが期待される研究結果も
報告されてきています。

どうする?

糖尿病治療について知っておきたいこと

合併症予防のためには 食事・運動療法等を基本とした血糖値コントロールに加えて、
合併症リスクにも備えた治療への取り組みが大事です。

  • 食事療法
  • 薬物療法
  • 運動療法

糖尿病の治療の基本は食事・運動療法です。また、様々な種類のお薬があり、
医師は患者さんの病態に合わせて処方します。
薬を正しく服用していたとしても、食事・運動療法がしっかりと守られていないと病態は改善しません。

どうする?

自分と大切な人のために行動しよう!

糖尿病と合併症のリスクがわかったら自分と大切な人のために行動しましょう。
あなたはどう思いましたか?何をしたいですか?

  • 対策をもっと知ることで安心したい!
  • 自覚症状はないけど、私は大丈夫かな?
  • 私に合った治療法はあるのかな?
  • 大事な人にこのことを伝えたい!